意味があれば気にしないですむ

虚構、創作あるいはフィクションに纏わる話

「アイアンマン」の血を継ぐ「スパイダーマン ホームカミング」

監督 ジョン・ワッツ

原作  スタン・リー
出演 トム・ホランドマイケル・キートンジョン・ファヴローロバート・ダウニー・Jrグウィネス・パルトロー

 

f:id:ScenarioGoma:20170817230018j:plain

 

 

 想像以上に「アイアンマン」の映画だった。単純にトニー・スタークやパワードスーツの登場回数が多かったというのもあるが、それ以上に、テクノロジーと人の関わりについて多く言及している。パワードスーツの開発を通じて科学技術と人の在り方を問い直してきた「アイアンマン」シリーズの伝統を引き継いでいるのだ。ゆえに本作はそれらの続編として鑑賞しても大いに楽しめるだろう。

 

続きを読む

映画「ファーゴ」 冗談では済まなくなった冗談

監督 ジョエル・コーエン
脚本 ジョエル・コーエンイーサン・コーエン
出演 フランシス・マクドーマンドウィリアム・H・メイシースティーヴ・ブシェミピーター・ストーメア 他

 

f:id:ScenarioGoma:20170813012703j:plain


 「冗談が冗談にならない」そんな状況に人は誰しも巡り会う。悪意の塊のような光景を前に人はどう振る舞うべきか。あるいはどう足掻くべきなのだろうか。「ファーゴ」は映画体験を通じて我々に問いかける。

 

続きを読む

ゲーム「うたわれるもの 二人の白皇」 偽装と継承の軌跡

 

f:id:ScenarioGoma:20170726222705j:plain

 

 

うたわれるもの 二人の白皇」を中心にしたシリーズ全体のレビュー。「うたわれるもの 偽りの仮面」「うたわれるもの 散りゆく者への子守唄」「うたわれるもの 二人の白皇」の計三作品のネタバレを含むので注意。

 

続きを読む