暫定語意

虚構、創作あるいはフィクションに纏わる話

映画「シェイプ・オブ・ウォーター」 御伽噺はかくあるべきか

監督 ギレルモ・デル・トロ

出演 サリー・ホーキンスマイケル・シャノンリチャード・ジェンキンスオクタヴィア・スペンサー

 

f:id:ScenarioGoma:20180513224215j:plain

 

 本編を鑑賞したとき、壮絶な違和感に襲われた。というのも「シェイプ・オブ・ウォーター」は、定型的な御伽噺の形式に擬態しながらも、それを容赦なく否定している。ありがちな御伽噺からの脱却を目指していると、そう体感したのである。

 

続きを読む

映画「シリアスマン」 ユーモアの方程式

監督 ジョージ・コーエン、イーサン・コーエン 他

出演 マイケル・スタールバーグリチャード・カインド、アダム・アーキン 他

 

f:id:ScenarioGoma:20180507205654j:plain

 

 

 コーエン兄弟の作品は毎度のことながら反応に困る。笑うべきなのか笑わないでおくべきなのか。作中で描かれる不条理はたしかに笑える内容なのだが、しかし理性が「本当に馬鹿にしていいものなのか」とそれを押し留めようとする。

 

続きを読む

【告知】第二六回文学フリマ東京に出店します

 

突然ですが告知です。

第二六回文学フリマ東京でオリジナルの自作小説を頒布します。

O.B.Clock vol.1に寄稿しました。作品タイトルは「フエゴの楽園」です。

 

==============================================

日付:5月6日(日)

開催時間:11:00~17:00

場所:東京流通センター 第二展示場 ブースC-67

==============================================

 

文学フリマ東京の詳細については下記URLを参考にお願いします。

文学フリマ - 第二十六回文学フリマ東京 開催情報

 

 

 今回発表する短編小説「フエゴの楽園」はフエゴ島という南米最南端の地を舞台にした作品です。メジャーとは言い難いですが、実はこのフエゴ島というのは、未だ謎多き存在である「ヤーガン族」の住処や、最果ての監獄が存在した場所として知られています。これらの文化や歴史背景などを継承しながら「いま/これから」にも接点のある世界を構築したいと考え、本作を執筆するに至りました。文字数は一万文字程度。ジャンルとしましては、サイエンス・フィクションとポリティカル・フィクションをそれぞれ意識しました。

 

 今回発表する「フエゴの楽園」は長編小説の序章を意識して書き上げたものです。本作がもつ特有の世界観に関して、もし少しでも興味を抱いていただけたのであれば、作者としてこの上ない喜びです。

 また、続編につきましては、どのような形式になるか断定はできませんが、何かしらの手段で発表したいと考えています。今しばらくお待ちを、ということで何卒よろしくお願いします。

 

 

 

 オマケという表現も如何なものかと存知ますが、同日同ブースにて「FILM WALKER vol1,vol2」無料配布する予定です。こちらは本ブログで掲載している映画評を紙面上に書き起こしたものです。また、「FILM WALKER vol2」につきましては、2018年上半期上映の作品を中心とした映画評を扱っています。中には本ブログで未発表の記事も含まれています。先行公開という形式になりますが、こちらもよろしくお願いします。(後日、同じ内容物を記事としてアップロードする予定です)

 

 

 追記

作品に対する感想、ご要望等ありましたら

メールアドレス:gomausui4126@gmail.com

もしくは、本エントリーのコメント欄に書き込んでいただけると幸いです。