# }

意味があれば気にしないですむ

虚構、創作あるいはフィクションに纏わる話

小説

小説『何者』 自己分析のその先で躓く就活生たち

朝井リョウの原作と、三浦大輔の映画を観ての感想。 小説が苦手という人や、感受性が高すぎて精神的ダメージを受けやすい人は映画から観た方がいいかもしれない。ジャンルの構造上仕方ないところはあるが、基本的には原作のほうが心理描写が読みやすいのでそ…

映画「虐殺器官」 ツッコミ不在の恐怖に君は抗えるか

project-itoh.com 虐殺器官という小説を一つのブラックコメディとして捉えている人は意外と少ないかもしれない。 自分にとって虐殺器官とは、最高に下品でなおかつグロテスクな形をしたブラックコメディだった。もし間違って吹き出したりでもした瞬間、周囲…